希望の職に就くために|会計事務所の求人をチェックして夢を叶えよう
女の人

会計事務所の求人をチェックして夢を叶えよう

希望の職に就くために

男性

必要とされる能力を知る

未経験で貿易事務職への転職を希望するなら、必要とされる能力や資格について知りましょう。貿易関連の専門知識は当然必要です。どの内容をどのレベルまで必要とされるかは配属され担当する部署によって変わります。輸出業務と輸入業務で貿易事務の内容が変わってくるからです。また小さなメーカーや商社などではそのどちらも任せられることがあります。英語力ももちろん求められます。海外の取引先や客先との連絡や折衝も、契約書類なども基本は英語で行います。正確に英語を書き、早く読解できる能力に重点が置かれます。輸出入関連業務には社内の多くの部署が関わってきます。また海外との取引は、国内でよりはるかに不測の事態が起きやすいものです。そのため他部署との調整能力や円滑なコミュニケーションをはかれる力も必要です。また最低限のパソコンスキルやビジネススキルも当然必要です。

必要な能力の証明をする

未経験で貿易事務職への転職を成功させたいのなら、これらの能力があることを、希望先企業にアピールしなければなりません。専門知識を証明するなら貿易実務検定を取得しておきましょう。なお、国家資格である通関士資格は、通関士業をめざす人が取得するものです。取っておいて損はありませんが、通関士ではなく貿易事務職に転職したいのなら取る必要はあまりありません。英語力の証明はやはりTOEICです。TOEIC満点より英検1級の方が難しいと言われますが、企業の多くは英検よりTOEICスコアを英語力をはかる目安としています。可能なら転職活動の前に受検しておきましょう。営業事務経験があれば、ぜひアピールしましょう。基本的な事務スキルに加えて調整能力、コミュニケーションの必要な職場で経験を積んできたことの証明になります。